FC2ブログ

THE POLE★STAR

ホミン小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Breeding Poison 18

チャンミナの問いかけに俺は全てを話す決心をした。

「昨日韓国へ戻ったのは・・・・」

5人の再結成コンサートの事、それが韓国経済の救済に繋がる事
事務所が抱えている訴訟の事、音源が漏れている事、等等をチャンミンに話した

「そんな話、聞きたくなかった・・・・・」
悲しそうな瞳のチャンミンが呟いた

「ユノ・・・・僕の答えは分かってるでしょ?」
「うん・・・でも・・・」
「聞きたくないって言ってるでしょ!」

突然声を荒げるチャンミン

「何を言っても、どんな事があっても、僕の答えは変わらないっ!それに、僕とユノは事実上の夫婦になったんだ。その証の儀式を公開されたって、僕は平気だ!」
「でもな・・・チャンミ・・・」
「ユノはOKなの?」

畳み掛けるように、チャンミンの言葉が続く

「出来る事なら反対したいよ。でもな・・・・」
「もういいよっ!聞きたくないって言ってるでしょ!」

そう言うとチャンミナは俺に背を向け頭から綿毛布を被ってしまった

ごめんよ・・・お前の気持ちは良く分かるんだ・・・
でも、俺は同性愛者のレッテルを貼られて軍に放り込まれるお前が心配で仕方ないんだ・・・

チャンミナの背中が小刻みに震えているのが分かる・・・・
入隊すれば今までの様にお前の傍で守ってやる事は出来なくなるんだ・・・
手を伸ばして抱きしめたいのに、その背中は俺を拒んでいる
俺達の思うとおりにすればいい・・・
先生の言葉が何度も俺の頭に蘇る

どうすれば・・・どうすればいいんだ・・・



5月27日  大阪城ホール

昨日の事で、チャンミナは朝から俺と目を合わそうとしない
ろくに話もしないまま大阪公演の幕が上ろうとしていた

なんとなくぎこちないままで、オープニングのからの3曲が終わった 
ペンたちに気づかれない様、2人とも疲れているとMCで話す

そのまま、ステージは進みI Love you
お互いの目を見つめあい、お互いへの気持ちを込めて歌う1曲
その時もチャンミナは、見つめるふりをして俺と目を合わさなかった

「何か、今日の2人変よね・・・」
ヘアメイクのミルが言った
「メイク中も無言だったし・・・」
「やっぱり疲れてるのかな?、もう半分過ぎたしね」
モニターを見ていたナツキが答えた
「それにしても、何にも起こらない・・・気持ち悪いくらいね・・・」
そうミヤコが言うと
「入り込める隙はないわね。ツアー中は私達がしっかり見張ってるもの」
マリが自信ありげに答えた

「という事は、ツアーが終わってから?」
ニャゴの言葉にしばらく沈黙が続く

「私達はツアースタッフ。これが終われば、もう2人とはお別れだし」
「ユンミン君とヨンス君も、警備を外れてしまう」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Breeding Poison | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<First Anniversary | ホーム | Breeding Poison 17>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。