THE POLE★STAR

ホミン小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Breeding Poison 44

一瞬にして消えてしまったジング

父さんだけが事態を飲み込めていないせいか、ただ驚き呆然としている

「大丈夫か?ユンミン」
チソンは縛られた僕の手足のロープを解きながら言った
「僕は大丈夫だ。それよりジングが・・・」
「うん。ヤツの行方は他のパトローラーに任せるよ。今は君たちの救出が一番だからな・・・」

ニャゴさんとナツキさんは残された手下に手錠をかけ、縛られた親父達の手足を解放した

「今・・・何時?」
父さんがナツキさんに聞いた
「6時過ぎよ」
「行こう!チャンミナ!ライブにはまだ間に合う!!」
「待ってください!」
部屋を出ようとした親父達にチソンが叫んだ

「ステージにはアンドロイドの東方神起がいる。今2人が姿を現せばライブ会場は大混乱に陥ります」
「僕たちのファンに、偽物のステージを見せることは出来ない」
「舞台下に行けば他のスタッフもいる。東方神起はステージ上にいるはずなのに、どう説明するつもりですか!?」
「それは・・・」
「今は一旦ホテルに戻って待機してください。アンドロイドはライブ終了、私が理由を付けてホテルまで連れて行きます。ユンミンはこのままユノさんたちとホテルに向かい、僕が到着するのを待ってくれ」
「わかった」
「チャンミンさんにもちゃんと説明しないとな・・・」
チソンの言葉に、僕は父さんの方を見た。

一体何が起こり、どうなっているか全くわからない様子の父さん・・・

「チソン君・・・と言ったね?」
親父が口を開いた
「一つお願いがある。偽物のステージを見ることはできないかい?」

僕は驚いた。なぜ偽物のステージを見たいんだ?

「ちゃんと、ペンの気持ちに答えたライブをやっているか、見届けたい。少しでいいんだ・・・」

チソンはしばらく考え、やがてジャケットの内側に装備しているパトローラー専用のアイテムキットの中から携帯用の3Dコピー機を取り出した。
そして僕とチソンの顔を3Dコピーし、マスクを作り上げた

「これで中に入れます。ただし10分です。必ず10分で戻ってくると約束してください」
「わかった。ありがとう」

僕たちは、父さんたちの服と自分たちの服を交換し、地下室を後にした




18時20分 京セラ 駐車場

「ユノさん、必ず10分で戻ってきてください」
「わかった。約束する」
僕とチソンのマスクを装着し、父さんたちは関係者入口へと消えていった




京セラドーム内

真っ赤に染まるライブ会場
湧き上がる歓声

トロッコに乗った2人が、観客に向かい精一杯の笑顔で歌い、愛嬌を振りまく
フリスビーを投げ、サインボールのシューターをスタンド上部に向ける。
ファンたちの顔は、喜びに溢れ、アンドロイド達も普段の自分達と全く同じようにトロッコの上で歌い踊る

「良かった・・・」
「え?」
「あそこに居る二人は偽物だが、せめてもの救いは、完全に俺たちをコピーし、あの2人が偽物だって言うことを誰も気づかない事だ。見て、チャンミナ・・・みんなの幸せそうな顔・・・」
「ユノ・・・」
ユノの瞳にキラリと光るものがあるのを僕は見逃さなかった

「戻ろう、チャンミナ!みんなのところへ・・・明日は最高のステージを見せてやるんだ!」
そう言うとユノは僕の手を取り、約束した通りチソンの待つ駐車場へと戻っていった








宿泊ホテル

京セラでナツキさんとニャゴさんを降ろしたチソンは、僕達を乗せてホテルへ向かった。

駐車場に車を止めVIP専用の入口から中へ入りエレベーターへと向かう。
サングラスで顔を隠した親父達は足早にエレベーターに乗り込み、部屋のボタンを押す

間もなくエレベーターは宿泊先のスイートルームのあるフロアに到着した

ルームキーで中に入るとチソンは言った
「ライブ終了後、なるべく早くアンドロイドを連れてきます。お二人はドアの後ろに隠れていてください。
室内に入ったら、それぞれのアンドロイドを羽交い締めにしてください。僕たちはアンドロイドの電気系統をショートさせます」

そう言うと、チソンはスタンガンのようなものを出した。
「これはスタンガンの何倍もの電流が流れるものです。これで奴らを動けなくします。ただ・・」
「ただ?」
親父が聞き返す
「相手はアンドロイド。どれくらいの腕力があるかわかりません。チャンスは一瞬です」

僕たちに緊張が走る

「チャンスを逃した場合は、僕たちの命は保証できません・・・」

「わかった。必ず仕留めてくれ・・・」

「では僕は京セラに戻ります。おふたりは僕の到着まで体を休めてください」
チソンはそう言い残すと、部屋を後にした



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Breeding Poison | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Burning Love 2 R18作品 | ホーム | ムソク外伝 月の章 19>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。