THE POLE★STAR

ホミン小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Breeding Poison 35

うっ・・・
頭がぼーっとする。
何時間も寝ていたような気がするのは気のせいなのか・・・
目の前が・・・・真っ暗だ・・・・
いや・・・・目隠し・・・?

体の自由が効かない
縛られてるのか・・・?

俺は自分の身に何が起きているのか理解できなかった

懸命に手足を動かしてみるが、両手は後ろ手に縛られ、両足も縛られている
どうやら椅子に座らされているようだ・・・・
口には声が出ないようにテープを貼られていた

閉ざされた視界の中、不安と恐れが交差する
今まで経験のない状況
俺は誘拐されたのか・・・・?
チャンミナっ!あいつは・・・・

18日の夜、ライブを終えていつものようにみんなで食事をし、
それぞれ部屋に戻った
その後ベッドに入り、あいつが俺にキスをしてきたんだ・・・・

それから・・・
気がついたらここにいた
焦りの中、俺は自分を落ち着かせ再度この状況を判断しようと思った時・・・・

コトっ・・・・
小さな物音がした

「チャンミナっ!?そこにいるのかっ!?」
声に出せない思いが心の中で弾ける。
だが、返事はない。
しかし、そこには確かに誰かのいる気配がする・・・

やがて、その気配は俺に近づいて来た
俺の中で恐怖が増殖する
殺される・・・?
そんな不安さえ抱かざるえを得ない状況の中、
突然俺の視界が開け、口に貼られていたテープが剥がされた。

どれくらい視界を閉ざされていたんだろう・・・
目の前にぼんやりと浮かぶ人の形がはっきりと確認できるまで
幾分か時間がかかった

やがてそのぼんやりとした人影から、不快になるような低いかすれた声が発せられた
「気がついたようだね」
「・・・・・・・・」
「手荒なことをして申し訳なく思うよ。だが、まともな方法では君たちは言うことを聞いてくれないと思ってね」
徐々にクリアになっていく視界の中、俺は目の前に黒ずくめの服、身長は170センチほどの痩せ型の男の姿を捉えた。

「誰だ・・・」
「初めまして。今回の東方神起復活公演のプロモーター代理人、キム・ジングと申します。」
慇懃無礼なその態度。しかし、言葉の最後に、不敵にもニヤリと笑う仕草を俺は見逃さなかった。

「チャンミンは・・・チャンミンはどこにいる!?」
「チャンミンさんは別室にてお待ちいただいています」
「チャンミンは無事なのかっ!?」
「ええ、今のところはね」
今のところ?

「何のためにこんな事を・・・」
チャンミナの無事を聞かされて俺は幾分か落ち着いた
「先日もお話しましたが、国家プロジェクトでもある、東方神起5人復活の件で、貴方方をここへお連れしました」
「その話なら、先日断ったはずだ」
「ええ、確かにお聞きしましたよ。ただね、直接交渉をすることは、会長にも許可を頂いていましたからね。」
「だからと言って、こんな事をして、タダで済むと思っているのか!」
「それは、あなたが心配する事じゃない。タダで済むように、こちらも根回し済みなんでね」
いったい・・・こいつは何者なんだ・・・
「そんなことより、本題に入ります。単刀直入に言おう。この承諾書にサインを頂きたい」
「だから、それは出来ないと何度も行っている。」
「私が望んでいるのはそんな返事ではない!」
いきなり凄みのある声に変わったジング。
しかしそれに怯む事無く、俺は続けた

「東方神起は俺とチャンミン、そして再始動を待ち続けてくれたペン、再始動後も一緒に東方神起を守り続けてくれたペン達の物だ。例え政府が絡もうが、俺達が勝手に復活に同意する事は出来ない。」
「もし、同意をいただけない場合はどうなるか知っているのかね?」
「スマン先生に聞いたよ。でも、俺たちはそんな脅しに屈しない。」
「ふふふ・・・。聞いてはいたが、なかなか骨のある男だ。だがね、君のパートナーであるチャンミン君は既にサイン済みだ。」
「何だって!!そんなはずは無い!!」
「ところがね、ここにちゃんとサインがあるんだよ。彼の方が君よりも聞き分けが良い子だったよ」
そう言うとジングは5人復活公演の承諾書を俺の目の前に差し出した。
そこで俺が目にしたものは・・・・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Breeding Poison | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ムソク外伝 月の章 10 | ホーム | ムソク外伝 月の章 9>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。